カート
全品送料無料中!

BILLY'S Meet Tokyo Creator

今泉 陽介 / Yosuke Imaizumi
SKROVA オーナー
80〜90年代のヴィンテージを中心に、スケートボード、ロックT、VANSに特化したセレクトで、高い人気を誇る高円寺のヴィンテージショップSKROVA(スクロバ)
店にひしめき合い並んでいる服やスニーカーは、好き者たちにとっては涙が出るほど最高なアイテムばかり。
その「SKROVA」のオーナー今泉陽介さんは、知るひとぞ知る世界有数のヴィンテージ「VANS」コレクターであることをご存知だろうか。生粋のVANSラバーズ今泉さんの止まらぬ「VANS」への愛、そしてリリースされたばかりの90’Sリバイバルモデル、「VANS METRO POLIS」について話を聞いてみた。

インタビュー写真

- 「VANS」は個人別注がある限り終わりがないですね。

            お金がいくらあっても足りないです(笑) -

「SKROVA」がどんな店かご紹介頂けますでしょうか?

2店舗ありまして(SKROVA)本店の方は90年代のスポーツミックス中心で、「NIKE」「Adidas」「Tommy Hilfiger」「Ralph Lauren」などを置いていて、[SKROVA 離]にはスケート、「VANS」、ロックTを置いているんですけど、そのSKATE、ROCK、VANSの頭文字をとって[SKROVA]なんです。オープンは、本店がが2016年で、こっちが2019年。
最初は本店も同じくこっちみたいにやっていたんですけど、だけど一般の方達はこっちのセレクトは買わないので、耐えられなくなって別にしたんです。

インタビュー写真

こちらの店舗が今泉さん本来の世界観だと思いますが、ヴィンテージVANSにのめり込んでいったきっかけは何だったのでしょうか?

オークションでMade in USA製の個人別注のが出ていて、それを買ったのがきっかけですね。
そしたら個人別注がどんどん出てくるので、めちゃめちゃ買っていまし たね。

何年くらいからですか?

1997年で東京へ出てきたので、2001年くらいですかね。22〜23歳の頃かな。
そこから買い始めてVANSにどっぷりハマっていったんです。
自分はTシャツもスニーカーも、最初は”デザイン買い”なんです。そこから調べていきますが、別にカルチャーがどうのっていう今の買い方ではないですね。
背景を聞かなくても見た目重視で買う人間です。
だから聞かなくても買うし、聞いていたらもっと買うし、って感じですね。

それはお金に糸目をつけずにですか?

つけないですね。そこは使ってますね(笑)。
尋常じゃないと思うし、欲しければ買うって感じです。

インタビュー写真

ここはどの店にも負けない。と思う部分はなんでしょうか?

SKROVA 離は、スケートと「VANS」とロックTに関しては、どこにも負けないと思うんですよ。
正直、本店は負けています(笑)。Made in USA製のヴィンテージ「VANS」、やスケートTに関しては、出回っている物が少ないので置いている店が、あまりないということもありますが、続けられないですね。
最初は自分もノリで始めたんですけど、もう辞めたいくらいの感じでやっています。
元からものが少ないし、増えるもんじゃないんで絶対に。でも未だに見たことのないものが出てくるんですよ。
得に「VANS」に関しては、個人別注があるので。スニーカーに関しては他ブランドも見てきましたが、ある程度終わりがある。だけど「VANS」に関しては、個人別注がある限り終わりがないですね。
本当、お金がいくらあっても足りないです(笑)。

インタビュー写真

ちなみに今日の時点で、店の中で1番高いものはなんですか?

このスクリーミングハンド(*1)のスウェットですね。
40万円です。Mサイズだから売れていないですけど、実際に正月にも売ったんですけど、L、XLだったら100万円でも売れますね。やっぱり80年代終わりから、90年代頭のものが高いです。
店頭に置いてあるスニーカーで1番高いのは、20万しますね。
10年前に原宿で7万で売ったものが、何十年かして一周して自分のところに戻ってきました。
これはERA別注ですかね。

インタビュー写真

*1:西海岸代表老舗スケートボードブランド「SANTA CRUZ SKATEBORRDS」のアートディレクターとしても有名な、スケートカルチャーを代表すするアーティスト ジム・フィリップスによるアートワーク。

格好いい! ちなみにこれはリーズナブルだよ、という「VANS」はいくらですか? 
やっぱりサイズ小さい方が安いですか?

状態のいいもので、7,000円くらいからあります。
サイズが小さいと値段も安くなりますね。
ヴィンテージのVANSって、遠くから見てもわかるんですよね。
ゴムみれば一発でわかるし、Made in USA製かそうでないかは履いた時点でわかる。
9割はわかりますね。

インタビュー写真

個人別注の「VANS」のどんなところに惹かれたんですか?

自分の好きな柄が2つでも、3つでも入っていると「もういくらでもいい!」ってなりますね。
のめり込んだ理由は、やっぱり終わりがないということ。
集めていると「VANS」は見たこともないものが、どんどん出てくるので、ハマってしまいました。
未だに出てくるので、サイズがデカくて自分が気に入れば……
限界はありますけど50万くらいまでなら出すかな

総額でいくらくらい使っているんですか?

たぶん1000万円は超えていますね。でも買って売っての繰り返しなので。
私物にしているものもありますが、全部自分のものにしていたらお客さんと繋がらないので、仲がいいと売ることもあります。

インタビュー写真

- 90年代のガチャ、シンメトリーのものとかを見ると、

           スイッチが入ってしまいます(笑) -

これまでに印象に残っている絵柄とかはありますか?

好きなのはここら辺ですけど、これは一度うちで売ったものをまたうちで買い戻しました。
個人別注ですね。フリマで買ったものも結構ありますね。
最近買ったのはこれです。
「PILLOWHEAT」のヘンリーさん(*2)から買いました。

*2:ヘンリー・デイヴィス。
ロンドン在住の世界トップレベルの「VANS」ヴィンテージコレクター。
Made in USA製のヴィンテージ「VANS」アイテムをメインに取り揃えたショップ「PILLOWHEAT」のオーナー。
@pillowheat

インタビュー写真

間違いなくこんな柄の組み合わせは他にないですね。
サイドテープもめちゃレア! (ヴィンテージVANSの山を見て)
ここにあるのは年代的にいつくらいのものになりますか?

70年代後期から90年代前半です。これが1番古いので青文字®(アール)なし。
固体差がありますが、Made in USA製ものはたいてい先がとんがっているんですよ。
だけどこれを見るとワイドで丸いですよね。

インタビュー写真

サイズの後に、Wが入っているとワイドっておっしゃっていましたよね。

そうです。これはワイド。
90年代の個人別注なんですけど、基本的に個人別注ものって、80年代くらいが多いんですが、その年代でも作れたんだなっていう。使っているパーツは全部一緒なんです。象とかもここに入っているし、パープルもここに入るし。
かわいいですよね。90年代のガチャ、シンメトリーのものとか、こういうのを見るとスイッチが入ってしまいます。

インタビュー写真

ピスネームが内側に入っているんですけど、これはイレギュラーですかね?

そうなんです。間違えたんでしょうね。たまにありますがイレギュラーだと思います。
ストライプが好きなんでこれはかなり気に入っていますね。
ヘンリーもストライプが好きなので、「売ってくれ!」っていつも言ってます。
出戻り品です。経済を回さないといけないので。

個人別注で作るスニーカーは劣化が早いとかはあるんですか?

基本的にはないです。ただ黒ソールはダメなやつが多いです。ソールを作るときの配合で溶けちゃうのが多いんですよ。
このMADRIDはシューグーで直してありますけど、溶けちゃうんですね。

この雑な感じがまたいいんですよね。雑なやつを見せましょう!

雑はもうこれですよね。サイズ一緒なのに、めちゃめちゃ長さが違う。
過去に5センチくらい違うのものありましたから。
あとしいて言えば、このライン。
そこがないと古いと言われていましたけど。

インタビュー写真

僕らの認識だと、巻きが太いと古いっていう認識です。

その認識は自分もあります。
これは78〜79年って言われています。
珍しいし左右に違いがあって、シューレースもオリジナルなのかな。
このOLD SKOOLは格好いいですよね。

僕たちと同じ生まれ年くらいかな。
トゥ部分は短くて36(サンロク)と言われているやつですね。
今でこそ認知されてきていますけど、当時知らない人はまったく同じものに見えますよね。
やっぱり「VANS」って面白いですね。

奥深いですよ。とはいえ、
履いてないものがほとんどですけど(笑)。

ヴィンテージと現行の違いですが、どういう風に変わってきていると思いますか。

見た目のシルエットがあからさまに違うんで。
ANAHEIM(Anaheim Factory Collection)とか出てきて、Made in USA製の頃に近づいているんですけど、ゴムとシルエットが昔のものとは違いますね。
壊れやすさは一緒かなと履いていて思います。ただ、現行の方が履き心地は全然いいですね。

インタビュー写真

「VANS」はスケートボードや音楽など、カルチャーとのリンクが色濃くあると思うんですけど、カルチャーとリンクした好きなモデルはありますか?

ソニック・ユースの「VANS」がありますが、あれは見たことがないくらい珍しいんですよね。
だけど自分はカルチャーというよりは、見た目で買っていますね。だから終わりがない。